酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素とダイエット、酵素断食(ファスティング)について


酵素ダイエットを成功させる秘訣は、月に1度の1日から3日間の断食酵素ダイエット(ファスティング)をおこなうことです。本格的な断食ダイエットになると日数も長くなり、体調管理が難しくなるので個人でおこなうことはあまりお勧めできません。
その場合は医師の指導のもとおこないましょう。しかし、この断食酵素ダイエットであれば、酵素食品の摂取によって必要な栄養素を補給しながらおこなうので、個人でも安全におこなうことができます。
1日から3日という短期間のファスティングなので、週末や連休を利用しておこなうこともできます。

個人によって自宅でおこなうプチ断食と呼ばれるものには、ヨーグルトや野菜ジュースを用いるものが多いようですが、酵素食品のように栄養価が優れているわけではないので身体に必要な栄養を十分に摂取することができず、結果基礎代謝の低下を招くことになります。
しかし酵素断食は、一般的な断食ダイエットよりも短時間で終了し、豊富な酵素と栄養素のおかげで栄養不足にもならず、消化と代謝が促進されて健康な身体作りにも一役買います。
デトックス効果が高いこともあり、健康だけでなく美容の面でもメリットが大きいと言えます。


酵素断食(ファスティング)に最適な酵素ドリンクをご紹介 ≫


まず、金曜日は酵素断食に備えて身体を慣らしていきます。
夕食は生野菜のサラダや果物など酵素が豊富に含まれているものを食べて胃に負担がかからないようにします。金曜の夜は夜更かしをせず、早めに寝るようにしてください。
普段よりも食事の量を減らしているので、長く起きていると間食の誘惑に負けてしまう危険性があるからです。土曜日、日曜日の2日間は、3食とも酵素食品に置き換えます。
早い人では土曜日にはトイレの回数が増えてきます。これは腸内に溜っている滞留便や老廃物が排出され始めた証拠です。また、身体に毒素が溜っている人ほど好転反応が出やすいようです。頭痛や倦怠感に襲われることもありますが、これは身体の調子が好転している証拠ともいえます。この好転反応は、タバコやコーヒーなどの嗜好品を日頃から好んでいる人に多くみられる症状のようです。


次の月曜日と火曜日の2日間は補食期間として、お粥や野菜スープ、ヨーグルトなどの回復食を摂って、胃を慣らしていきます。酵素断食をおこなった場合は、断食をした日数と同じ期間を補食期間に当てるのが基本となります。
この補食期間はかならず胃に優しい食事をしてください。

お腹が空いたからといって急にカロリーの高いものや過食をしてしまうと胃腸に大きな負担をかけることになり、ダイエット自体も失敗に終わってしまいます。
酵素断食期間中は酵素食品以外で口にして良いのは水だけです。酵素の活動には水が必要となりますので、水分はたっぷりと補給しましょう。
水以外のものはNGです。断食期間中、軽い運動やストレッチなどをおこなうとさらに代謝をアップさせることができますのでお勧めです。
しかし、好転反応がおこって身体に倦怠感を感じている場合は、ゆっくり休むようにしてください。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集