酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素とダイエット、酵素の上手な取り入れ方


酵素は人間が生きていく上で無くてはならないものです。体内から酵素が無くなると死に至ります。
体内で生成される酵素の量は限られているため、なるべく消化のために使い過ぎないようにする必要があります。そのためにも食物に含まれる酵素を上手に取り入れなければなりません。

日本には昔から「食べ合わせ」と言う言葉が存在しています。
これは食材を組み合わせて食べることで、その食材の持つ栄養成分を最大限に活かしたり、また逆に打ち消してしまったりするもののことです。

焼き魚に大根おろしを添えることはよく見かけます。
大根おろしには、シアスターゼという消化酵素が含まれているため、魚のタンパク質の分解を助ける働きをします。また、魚を焼くと皮が焦げたりしますが、この発ガン物質とも言われている焦げを緩和するのが大根おろしの持つビタミンCなのです。
この他にも食べ合わせの良いものとして、トンカツとキャベツ、焼き肉とキムチ、お寿司とガリ、生ハムとメロンなどたくさんあります。
これらはすべてタンパク質や脂質の分解、消化を促す酵素との組み合わせなのです。


酵素栄養学が確立されたのはわずか60年ほど前ですが、それ以前からも昔の人は生活の知恵として食べ合わせの良さを知っていたのです。
少し意外な例をご紹介します。ニンジンやキュウリはビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていますが、同時にアスコルビナーゼという酵素を含む食材でもあります。
このアスコルビナーゼはビタミンCを酸化させる働きを持っています。そのため、大根やトマトと一緒に食べると大根やトマトに含まれるビタミンCを酸化させてしまうことになります。野菜サラダではよく見る組み合わせなので意外に思うことでしょう。

しかし、酢やレモンを使うことでこのアスコルビナーゼの作用を抑制することができるのです。
つまり酢やレモンの入ったドレッシングで和えれば問題ないと言うことです。

人間の身体に必要不可欠な酵素ですが、単体では活動することのできない酵素も多くあります。その酵素の働きを助ける成分を「補酵素」と呼びます。それがビタミンやミネラルなのです。


補酵素がなければ本来の働きができないわけですから、酵素だけでなくビタミンやミネラルの摂取も同時に心がけておかなければなりません。

補酵素としての働きが一番顕著なのはビタミンB群です。
ビタミンB群は水溶性のため、水洗いは手早くおこなうようにしてください。
また、酵素同様熱にも弱い性質を持つので、できるだけ生で食べるようにしましょう。
このビタミンB群は、身体の中に貯蔵しておくことができないので毎回の食事でこまめに摂ることをお勧めします。ビタミンB群を多く含む食材は、レバー、豚肉、魚、卵、大豆、ほうれん草などです。
ミネラルでは、亜鉛や銅、セレン、マンガンなどが補酵素としての役割を持ちます。ミネラルは体内で生成できないので食品で摂る必要があります。ミネラルを多く含む食材は、レバー、イワシ、牡蠣、牛肉、ゴマなどです。酵素と補酵素はペアにして摂るようにいたしましょう。
ビタミンB群

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集