酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素とダイエット、毎日の食事で酵素ダイエット


酵素は生肉や生魚、野菜、果物に多く含まれています。このため食事からも酵素を摂取することが可能となります。通常の食事に酵素が多く含まれた食材を多く取り入れれば酵素ダイエットをおこなうことができます。朝食なら納豆と生野菜、味噌でも良いですし、果物とヨーグルトでもかまいません。
昼食には野菜サラダを食べて、夕食に刺身を食べるだけでも酵素を体内に取り入れることができます。

食物に含まれる酵素には種類があるのをご存知でしょうか。このうちの一種類が消化酵素として働きます。そしてこの消化酵素はさらに三種類に分類することができます。

そのうちの一種類が、パイナップルやマンゴーなどに多く含まれているタンパク質を分解する酵素です。この酵素はタンパク質を分解して消化を促進させる働きがあるので、肉料理などと一緒に食べることが理想と言えます。
ステーキや酢豚にパイナップルを合わせるというのは身体のためによく考えられたメニューと言えます。

二種類目の酵素は、キャベツや大根などに多く含まれている炭水化物を分解する酵素です。
これらの食材をご飯や麺類、パンなどと合わせて食べると消化が促進されます。
大根おろしや大根とキャベツの浅漬けなどがお勧めです。

三種類目の酵素は、脂肪を分解する酵素です。これは、納豆や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれています。これらは和食で多く使われる食材なので無理無く通常の食事に取り入れることができると思います。

このように酵素が多く含まれる食材を食事に取り入れることで、酵素ダイエットが可能となると思われがちですが、酵素ダイエットを成功させるために大切なものがあります。


それは補酵素です。補酵素とは、酵素の働きをサポートするもので、この補酵素が無ければ酵素は体内でその力を発揮することができません。このため酵素ダイエットにおいて非常に重要なものと言えます。
補酵素には、ビタミンやミネラルが当たります。ダイエット中はこのビタミンやミネラルが不足しがちになるので、意識して摂取するようにしなければなりません。
近頃アンチエイジングの面で有名になったコエンザイムQ10も、補酵素の一種です。
コエンザイムQ10は、肉類ならレバーやモツ、魚類はイワシやサバ、ウナギ、野菜はブロッコリーやほうれん草などに含まれています。しかし、食材に含まれている量はほんのわずかなため、サプリメントなどで補給する方が、効率が良いと言えます。

酵素を多く含む食材も、火を通してしまうと酵素が死んでしまうので生の状態で食べる献立を考えなければなりません。酵素は野菜や果物に多く含まれており、すり潰したり、すりおろしたりすることで酵素の量は2倍から3倍にアップします。
酵素を多く含むパイナップルやマンゴー、イチゴ、キウイ、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草などをミキサーで混ぜ合わせてジュースを作るのも効率の良い酵素の摂取方法と言えます。
なお、市販されている野菜ジュースは加熱処理がされているため酵素が含まれていません。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集