酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果健康とダイエット、酵素と病気の関係


酵素は身体が生きていくために必要な「代謝」と「消化」に大きく関係する成分です。
体内の酵素が不足することで病気になりやすくなります。酵素は体内で生成されますがその量には限りがあり、不足分は食物より摂取しなければなりません。
しかし、酵素は熱に弱い性質を持つため、加熱処理された出来合い総菜や弁当、ファストフードなどを多く摂っている人は、慢性の酵素不足に陥ります。こうして酵素不足になると、体内で生成された酵素はほとんど消化酵素に使われてしまい、代謝酵素が圧倒的に不足となります。
こうなると免疫力の低下を招き、病気にかかりやすくなるというわけです。
病気になると食欲がなくなるのは、消化による酵素の減少を防ぎ、できるだけ代謝酵素に回して免疫力や自然治癒力を高めようとする身体の本能なのです。

偏った食生活を送っている人やストレスをうけている人は酵素を浪費しており、風邪など病気にかかりやすいといえます。(詳しくは酵素が減る原因)を参照下さい。
酵素は生の肉や魚、野菜、果物、発酵食品などに多く含まれています。
できるだけこのような食品を食事に多く取り入れて酵素不足を招かないようにいたしましょう。


消化は、三大栄養素である「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の栄養を腸から吸収しやすくするため細かく分解する作業のことを言います。この分解作業において酵素は必要不可欠なものなのです。

消化酵素が不足すると、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の三大栄養素を円滑に分解することができず、消化不良を起こしてしまいます。
消化不良が起こると、必要な栄養素を吸収できなくなるだけでなく、未消化の残留物を腸内に残すことになります。

この残留物は悪玉菌の格好の餌となり、異常発酵を促して毒素を発生させ、血液中に流れ込んで全身に回ります。全身に毒素が回ると、至るところで疾患が発生することになるのです。
消化酵素が不足すると・・・
この消化不良が原因で起こる病気には、胃炎や胃潰瘍、胃ガン、脳卒中、動脈硬化などが上げられます。
小腸で悪玉菌が異常発酵を起こすと、リウマチや多発性硬化症などの免疫疾患や、ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患を起こしやすくなります。


消化不良は、日常の酵素不足が原因でおこるものと考えられます。
生の食材が少ない市販の弁当やファストフードなどの食事を長く続けると慢性的な酵素不足に陥りやすくなります。また、大食や過食も酵素不足の原因となります。
食べ過ぎると消化酵素に体内の酵素がほとんど使われて、代謝酵素が不足するからです。
また、就寝前の食事も消化酵素を大量に消費してしまいます。
就寝前の2時間以内に食事は終わらせておくようにいたしましょう。


この他睡眠不足も酵素不足を招きます。
なぜなら酵素は就寝中に生成されて代謝活動をおこなうからです。


睡眠不足が続くと生成が追いつかなくなり、代謝酵素が不足して、疲れやすく風邪をひきやすい身体になります。また、過度の飲酒や喫煙、ストレスなども酵素を大量に消費してしまうので注意するようにいたしましょう。
睡眠

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集