酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果健康とダイエット、酵素ダイエットの疑問


酵素ダイエットをおこなう上で、様々な疑問があるかと思います。
この項ではそれらの疑問を解消していきたいと思います。

「酵素食品の必要性は?」

昔の日本人は酵素を多く含んだ野菜や果物、発酵食品、海草類などを食事からたくさん摂っていました。酵素は熱に弱い性質を持ち、農薬や化学肥料の使用によっても破壊させてしまいます。
現在市販されている野菜や果物は昔に比べて酵素の量が少なくなっています。また、忙しい現代社会では、食生活においてもたくさんの加工食品やファストフードなどを多く取り入れていることから、酵素不足を招いていると考えられます。このため、生活習慣病である糖尿病や高血圧、動脈硬化、アレルギー疾患、肥満などは若年層にも及んでいるほどです。
これらの疾患を招かないためにも酵素食品で補う必要があるのです。

「酵素食品は食品か?薬か?」

酵素食品は、約60種類もの野菜や果物、海藻を水などの添加物を一切加えず自然発酵させたものです。酵素食品を摂ることで消化と代謝の機能が高まり、痩せやすく太りにくく病気をしにくい体質に改善されます。この体質の改善によって様々な症状などが緩和されることもありますが薬ではありません。

「酵素食品を摂り過ぎると太る?」

酵素には甘みがあり、この甘みの正体は糖質です。普通に食事を摂った上で、酵素食品を摂り続けるとカロリーオーバーが生じて太る場合があります。
酵素食品をダイエットに用いるのであれば,通常食の置き換えてとして用いる必要があります。

「糖尿病でも酵素食品を摂って大丈夫?」

酵素食品には糖質が多く含まれているものもありますが、通常の食事と置き換える方法を用いるのであれば、問題はありません。また、酵素にはインシュリンを作る作用や、インシュリンの作用を高める働きもあるのです。実際に糖尿病患者に酵素食品の食事の置き換えをおこなったところ、血糖値の急激な変化は見られず、逆に良い結果が得られたとの報告もあります。

「消化器系が弱く、虚弱体質で痩せているが酵素食品の効果はあるか?」

1日3回の食事の後に薄めた酵素食品を摂るようにしてみてください。
これによって消化酵素の活性化を図り、胃腸の働きを高めます。
酵素食品はドリンクタイプのものが栄養の吸収も良く、胃腸に負担をかけないのでお勧めです。
≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫

「断食酵素ダイエットをおこなってはいけない人は?」

妊娠中と授乳中の人、10歳未満の子供、70歳以上の老人、重篤な疾患を患っている人はおこなわないでください。また、医薬品を継続して服用しておられる方や医療機関にて何らかの治療を受けておられる方にもお勧めできません。それらの方の場合、治療過程において酵素が影響を及ぼす恐れがあるからです。それらに該当する方は、断食酵素ダイエットではなく、健康食品として酵素を補給されることをお勧めします。

「断食酵素ダイエットの頻度とタイミングは?」

これには個人差がありますが、3日の断食であれば、1ヶ月から3ヶ月に一度のペースで、1日断食であれば月に一度から二度、1食のみの置き換えや栄養補給のためであれば回数は気にせずおこなっても良いと思われます。断食のタイミングとしては、3日断食であるなら生理前よりも生理後をお勧めします。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集