酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果健康とダイエット、リバウンドのしくみ


食べないダイエットをすると身体は栄養不足を感じます。この栄養不足の状態が続くと、脳は生命維持機能であるホメオスタシスを発令します。ホメオスタシスとは、わずかなエネルギーでも身体を維持して生きていけるように身体を省エネモードに切り替える機能のことです。
遭難事故などに遭い、何日間も食べられない状態にあったとしてもこのホメオスタシスの働きによって生き延びることができるというわけです。

しかしこのホメオスタシスがダイエット中に働いてしまうと、どれだけ食事の量を減らしても体重がまったく減らないということになります。これが「停滞期」と呼ばれるものです。
減らした食事量でも身体を維持していけることができると脳が認識するまでに約1ヶ月ほどかかります。
つまり停滞期が1ヶ月の間続くというわけです。この停滞期の期間中はどれだけ食事量を減らしてダイエットに励んでもまったく体重が変化せず、逆に身体はわずかなカロリーであってもエネルギーとして溜め込もうとするので逆に体重が増えることさえあります。

こうなるとモチベーションを維持することが難しくなり、この期間中にダイエットを中止してしまう人が非常に多いのです。そしてこの挫折によって今度はリバウンドに見舞われることになります。
ダイエットを中止して普通の食事に戻したとしても、一度発令されたホメオスタシスは、依然機能し続けています。つまり、ダイエットをおこなう前の身体よりも少ないエネルギーで賄える身体となっているため、ダイエット前と同じ食事を摂ってしまうとカロリー過多となって、また太りやすい体質となっていることも合わさって、一気に体重が増加してしまいます。これがリバウンドのしくみです。

また悪いことに満腹中枢の機能も衰えているため、普通の食事量では満足できなくなっています。こうして食べ過ぎを起こしてしまうのです。この最悪の状態に陥ると身体にどんどん体脂肪が蓄えられて太っていきます。 食べ過ぎ

リバウンドしないためには、一番に栄養不足に陥らないことが大切です。そして体重を1ヶ月に5%以上減らさないように注意します。
なぜなら5%以上体重を減らしてしまうと脳は危機感を感じてホメオスタシスを機能させるからです。



ダイエットの成功の秘訣は、身体に危機感を感じさせないことです。ダイエットは焦ると失敗します。
酵素ダイエットで使用する酵素食品には、酵素以外にもあらゆる栄養素が含まれているため、身体が栄養不足に陥ることはありません。酵素は消化と代謝を促進させる働きがあるので基礎代謝を高めることにも繋がります。酵素ダイエットは体重の減少を目的とするものではありません。
あくまでも酵素の力によって代謝をアップさせ、痩せやすく太りにくい体質に改善することを目的とするものなのです。断食酵素ダイエットも1ヶ月から3ヶ月に一度のペースでおこなうため急激な体重の減少も伴わず、リバウンドの心配もありません。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。








Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集