酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素の基礎知識、酵素の特徴


人間が生きていくためには、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素が必要なことは良く知られています。その後炭水化物の代謝を促進させる成分としてビタミンとミネラルが加えられて五大栄養素となりました。
さらに、それまでは不要のものとして見過ごされてきた食物繊維の働きが見直されて6番目の栄養素として認められるようになりました。
五大栄養素
生命活動を維持する上でビタミンやミネラルよりも大切とされるものに酵素があります。

酵素は食べ物を消化吸収する消化酵素が有名ですが、この他にも酵素は呼吸をしたり、筋肉を動かしたりする生命活動にも大きく関与しています。
酵素は人間が生きていく上で必要不可欠な分子なのです。


昨今のビタミンブームで、健康のために毎日サプリメントを欠かさず摂取するという人が増えています。

実はここでも酵素は重要な働きをします。


酵素が無ければいくらビタミンCやカルシウムをたくさん摂っても、その働きを十分に発揮することはできないのです。ビタミンやミネラルは酵素と結び付いてこそ、その働きを発揮するものなのです。
このことからビタミンやミネラルは補酵素とも呼ばれます。
ビタミンブーム

酵素は、ミネラルの周りにタンパク質が繋がって巻き付いてできています。
中核となるミネラルの種類やタンパク質の繋がり方や巻き付き方によってその種類は変わります。
現在名前が付いている酵素だけで約4000種類あると言われています。

4000種類もある酵素ですが、実はそれぞれ一つの働きしかおこないません。
消化酵素で有名なアミラーゼは、でんぷんを分解する働きを持つ酵素ですが、このアミラーゼによってタンパク質を分解することはできないのです。タンパク質を分解するのはプロテアーゼという酵素が別に存在します。もちろんこのプロテアーゼもでんぷんを分解することはできません。


酵素はタンパク質でできているため、熱によって変形してしまいます。
変形すると酵素としての働きを持たなくなります。通常酵素は、50度から70度くらいの温度までしか耐えられません。このことから加熱した食物に酵素は含まれないということが分かります。
このため、酵素を普段の生活から摂るためには加熱していない食物も食べる必要があるのです。

酵素は新鮮な肉や魚、野菜、果物など生の食物に含まれています。
この他にもみそや納豆、ぬか漬けなどの醗酵食品にも多くふくまれています。
納豆にのみ含まれるナットウキナーゼという酵素もあります。
このような肉や魚、野菜などの生の食物や醗酵食品に含まれる酵素のことを食物酵素と呼びます。
みそや納豆、ぬか漬けなどの醗酵食品

よく付け合わせで焼き魚に大根おろしが添えられているのを見ますが、これは大根に含まれる消化酵素が焼き魚の消化吸収を助けるからなのです。
このように相性の良い付け合わせには理由があったりします。
栄養学と言うものがまだ存在していなかった昔からこのように酵素の存在は、その名は無くても知られていたのでしょう。
焼き魚と大根おろし

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集