酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素の基礎知識、酵素が減る原因とは


人間は日々様々なことを考えながら行動を起こない、生活しています。
人間は脳で物事を考えますが、この脳の活動にも酵素が深く関係しています。日々の生活において脳で考えていない時は無いと言えるほど、脳は常に活動しています。
その度、酵素は使われ続けているのです。
また、精神的ストレスを強く感じたりすると体内酵素は大量に減ってしまいます。
不満や嫉妬、イライラなどマイナス思考に繋がる感情には酵素が大量に使われて、減少してしまうのです。

ストレスを感じると脳はセロトニンという物質を分泌します。
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで三大神経伝達物質と呼ばれる物質です。セロトニンは喜びや快楽、恐れや驚きなどをコントロールして精神を安定させる働きをします。
ストレス


セロトニンは精神面を穏やかに保つために、大きな影響力を持つ物質なのです。

セロトニンが減少して精神面でのバランスが崩れると、ストレスを強く感じたり、酷くなるとうつ病になります。


セロトニンは酵素によって作られています。

近年の研究で、体内のセロトニンは脳だけでなく腸内でも作られていることがわかりました。
うつ病
腸内で作られるセロトニンはなんと全体の約95%にも及ぶそうです。このため、酵素が腸内で大量の消化酵素として使われてしまうと、セロトニンを作る酵素が足りなくなるというわけです。

常にストレスに晒されている人は酵素を大量に消費するため、どうしても体内酵素が不足がちになります。酵素が不足すると消化吸収や代謝機能が正常に働かなくなります。また、ストレスを長い間感じ続けていると、便秘になりやすくなったり、太りやすくなったりもします。


また酵素は、身体を錆びさせる活性酸素を除去する働きもあります。
活性酸素は、様々な病気や老化の原因となるものです。人間は酸素を吸って呼吸しています。
呼吸をすることで必ず活性酸素は生まれてしまうのです。

また生活習慣や大気汚染、紫外線、過度のアルコール摂取などによっても活性酸素が生まれやすくなります。この身体にとって有害な活性酸素を除去するのが抗酸化酵素なのです。
しかし体内で作られる酵素は、25歳をピークとしてその後の生成量はどんどん低下していきます。40歳を過ぎる頃になると、20代の約半分の量まで減少してしまうのです。年齢を重ねるごとに老化が進んだり、体力が落ちて病気になりやすくなったりするのは、酵素の生成が減少して身体を活性酸素から守ることができなくなるためです。

体内で生成される酵素の量は限られていることは前にも説明しました。
大切なのは酵素を無駄使いしないことです。特に注意しなければならないのは飲酒と喫煙です。
過度の飲酒と喫煙は酵素が大量に使われる原因となり、最悪の生活習慣であると言っても過言ではないでしょう。できれば禁酒、禁煙をお勧めしたいところなのですが、どうしても無理とおっしゃる方は、食物やサプリメントで意識して酵素を摂取して補うようにしてください。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集