酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素の基礎知識、酵素の多い食品


体内で生成される酵素の量には限りがあるため、できるだけ食物から取り入れるようにしなければなりません。酵素は、生きていく上でのすべての生命活動に深く関わっています。
身体から酵素が無くなってしまうと生命活動が終わってしまうのです。つまり死に至るというわけです。
酵素は熱に弱い性質を持つため、加熱調理をしたものには含まれず、生の食材にのみ含まれるものです。

酵素は生の肉や魚、野菜、果物、などに多く含まれる物質です。
しかし、食事において生野菜やさしみなどの魚を毎日
大量に食べ続けることは非常に難しいです。


 しかし、日本には昔から酵素を大量に含む食品が存在しています。
それは、味噌や納豆、ぬか漬けなどの発酵食品です。
これなら毎日、毎食であっても食べ続けることができます。
発酵期間が長ければ長いほど酵素の働きが強いと言われており、身体にも有効に働きます。
納豆などの発酵食品を摂取しよう

毎日の食事にぜひこの発酵食品を取り入れるようにしましょう。


食事を摂っても酵素があまり含まれていないと、体内の酵素は消化にばかり使われることになります。
そのためもう一つの重要な役目である代謝が疎かになってしまうのです。
逆に酵素を多く含む食事をしていれば、体内の酵素と共に消化も代謝もしっかりおこなわれます。
健康な身体を維持するためにも毎日、発酵食品を意識して摂るように心がけてください。


上記の他にお勧めの食材では果物があります。果物はたっぷりの酵素を含んでいます。

パイナップルやパパイヤにはお肉を柔らかくする働きがあるということを聞いたことがある方も多いと思います。
これは、パイナップルやパパイヤに含まれる酵素の働きによるものなのです。


このパイナップルやパパイヤ以外にもイチゴやキウイにも酵素が多く含まれています。しかしせっかく酵素を多く含んだ果物でも食べるタイミングを間違うとせっかくの酵素を無駄にしてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。
パイナップルなどのフルーツにも酵素が含まれています。


効果的な酵素を摂るためのタイミングは、食事の30分前、または空腹時です。
通常食事を摂ると、食物が胃から腸へと運ばれるのに2時間から4時間ほどかかります。
しかし、果物はたった30分ほどで腸へ運ばれてしまいます。
その理由は、果物に豊富に含まれる酵素のせいです。果物に含まれる酵素は消化酵素としてその働きを十分に発揮するのです。しかし、ここで食後に果物を食べると、先に食べた炭水化物のご飯やパン、タンパク質の肉や魚に邪魔されてすぐに消化されず胃の中で留まることになるのです。そうなるとせっかくの酵素もその働きを十分に活かすことができません。

果物に含まれる酵素を活かすためにも食前か食感に食べることをお勧めします。酵素は消化や代謝に使われるだけでなく、解毒の作用もあります。
特に活性酸素の解毒には大きな力を発揮します。しかし、解毒には大量の酵素が必要となります。
そのためにも食前や空腹時に果物を摂るようにして、効果的に酵素を補充するようにしてください。

とは言え、現代の忙しい日本ではなかなか思うように酵素を摂る事はできません。
やはり酵素ドリンクやサプリ補うのが現実的ではあります。なおダイエット目的なら酵素ドリンク
健康目的なら持ち歩くのが楽で、価格もお手頃なサプリ(酵素粒)がおすすめです。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集