酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素の基礎知識、酵素が不足すると


体内の酵素が不足すると、血液がドロドロになります。食事をすると食べ物は口の中で咀嚼されます。
この時、唾液の中に含まれる消化酵素のアミラーゼによってでんぷんが分解されます。
でんぷんはそのままの形では、身体が吸収できず、エネルギーに変換されることもありません。

そこでこのアミラーゼが、身体がでんぷんを吸収できるように細かく分解していくのです。しかし、体内の酵素が不足していると、でんぷんの分解を十分におこなうことができず、未消化の糖が大きな分子のまま血液中を漂うことになります。
こうして血液の流れが滞って
赤血球同士の結合を招きます。
血液がドロドロに
このため血液がさらにドロドロになってしまうのです。

通常赤血球は、毛細血管など極細の血管を通る際には形を変化させて通ります。
しかしこうして血流や血行が悪くなると、赤血球は形を変えることができなくなり毛細血管を通ることができません。身体中に張り巡らされている血管の約90%は毛細血管です。
このように赤血球が形を変えられなくなると栄養を身体中に行き渡らせることが困難になり、これによって様々な病気を引き起こす原因を作ることに繋がります。

酵素が充分ならば血液はサララサ♪

しかし酵素さえ十分にあれば血液をサラサラにすることができます。
これはでんぷんの消化に限ったことではなく、タンパク質や脂肪でも同じです。
血液がサラサラに


過度の食べ過ぎや加熱された出来合いの食品ばかりを食べ続けていることが考えられます。

酵素は熱に弱いため加熱された食品には含まれていません。そのため、体外から酵素を取り入れることができなくなると、身体は自ら酵素を作り出さなければならないのです。
しかし、過食や加齢、病気などで身体が弱っていると酵素を作り出す力も弱くなって、十分な量の酵素を作り出すことができません。せっかく栄養を摂ろうとバランスの良い食事をしたとしても、十分な分解がなされず消化吸収に至らないのです。

また、個人差はありますが、酵素を作る力には限界があります。

消化酵素と代謝酵素は作られるところは同じなため、消化酵素ばかり作っていると今度は代謝酵素の不足が起こります。

代謝酵素の働きは、免疫力の向上や自然治癒力、新陳代謝を司るものです。この代謝酵素が不足すると、外からウィルスや異物などが侵入してきた時、十分な防衛ができません。
そうなると風邪をひきやすくなったり、お腹を下しやすくなったりします。
そしてその病気が治りにくくもなります。


病気になると身体は油っこい食事を受け付けなくなります。
また、病中は消化の良いお粥くらいしか受け付けなくなります。
免疫力が低下し病気も治りにくくなります
これは、消化のためにあまり酵素を使わないようにするためです。
酵素をできるだけ代謝酵素に回して、免疫力や自然治癒力を高めるためなのです。
病気の時、食欲が無くなるのは自然治癒力の一種であるといえるかもしれません。そういう時は、できるだけ消化がよく酵素がたくさん含まれているものを食べるようにすると良いでしょう。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集