酵素ダイエット効果、方法

酵素ダイエット

酵素ダイエット効果酵素の基礎知識、酵素の働き


病気をしたり体調を崩したりすると、とたんに食欲が無くなります。
これは体内の酵素が身体の回復のためだけに使われるからです。

身体は酵素の消化の働きの分まで身体の回復のために使おうとするので食欲が抑制されてしまうのです。
つまり、食欲が回復してきたら身体の機能も回復したことになります。
食欲がなくなる

酵素には便を出す働きがあります。

腸内には排泄されず残ってしまったいわゆる宿便と呼ばれるものがあります。快便で毎日排便する人でも腸内にはいくらか宿便があると言われています。
宿便は、食事によって体内に取り込んだ食物が分解しきれずにカスとして残ったものです。この腸内に溜って排泄されない便は悪玉菌の繁殖を促進させてしまいます。
体内での酵素が不足してしまうとこの宿便がさらに溜りやすくなります。
快便になる
昔の人はこのような発酵食品をたくさん食べていたため無意識とは言え酵素をたっぷり摂っていたのです。みなさんは、忙しいからといってファストフードやコンビニなどで出来合いのお弁当ばかり食べていませんか?栄養を気にしてバランスの良さそうなお弁当を買っている方も多いでしょう。
しかし、そのお弁当には生野菜などは含まれているでしょうか?
酵素は熱に弱い性質を持つため、加熱した食品には含まれません。
生の肉や魚、野菜、果物など、また味噌や納豆、ぬか漬けなどの醗酵食品に多く含まれています。
少しずつでも昔ながらの食事を取り入れていく必要があるでしょう。
それが難しいなら酵素ドリンク等で補うしかありません。

酵素には、血液をサラサラにする働きがあります。


食後すぐの血液は、摂取した栄養分が血液中に溜っているためドロドロの状態になります。その栄養分を分解して血液をサラサラの状態にしてくれるのが酵素なのです。
酵素が不足すると代謝が上手くいかず、体内に不定愁訴(原因がはっきりしない身体の不調)を作り出してしまいます。
結果、血液の流れが滞ってドロドロ血液ができあがります。
そしてこのドロドロ血液は生活習慣病や成人病の要因となります。
血液をサラサラにする

血液は、老廃物を肝臓や腎臓に運んで処理し、最終的に体外へ排出します。
しかし、血液がドロドロの状態だと肝臓や腎臓に大きな負担がかかってしまい、処理しきれなくなります。酵素の働きが活発であれば栄養として吸収できる分子の大きさまで消化できます。
そうなれば腎臓や肝臓への負担も大きく軽減されます。
腎臓や肝臓の負担を減らすためにも酵素を十分に取り入れる必要があります。

酵素には悪玉菌を減らす働きもあります。


酵素が身体に十分ある場合は、消化吸収、分解がスムーズにおこなわれて宿便が溜りにくくなります。
さらに腸内洗浄の働きが活発になって悪玉菌が増えるのを防ぎます。
逆に宿便が腸内に溜っていると悪玉菌はどんどん増殖していきます。
悪玉菌を減らす

悪玉菌が増えると有毒なガスが発生して血液に吸収されます。
この有毒ガスは血液とともに肺に送られ、口臭や体臭の原因にもなります。

口臭が気になる人は体内の酵素が不足しているのかもしれません。
酵素をたくさん身体に取り入れると悪玉菌を減らすことができるので有毒ガスの発生を防ぐことになります。
口臭を防ぐ

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。







酵素ダイエットとは


Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集