酵素の役割・働き・特徴

酵素の役割・働き・特徴

酵素ダイエット効果酵素ダイエット効果 最新情報酵素の役割・働き・特徴

酵素の役割・働き・特徴をしっかりと把握しよう!


おすすめ情報
● 酵素の力で凝縮醗酵!お腹が減りにくいと評判なベジライフ酵素液
● 野草専科では2,940円キレイ痩せ応援キャンペーン中です!「本物の酵素ダイエットを体感

酵素とは、何か?ご存知でしょうか。
地球上の生物、人間から植物まで、すべてに存在するのが酵素です。

酵素は人間の体内にあり、食べ物の消化吸収と代謝を高めることで、毒素の排出をおこなっています。
酵素は腸内など内臓器官の役割を担当していて、食べ物を消化して栄養素に分解することで、内臓や骨の細胞を修復することをおこないます。

他にも、酵素には食物酵素があります。
野菜や果物などの食べ物を摂取した際に含まれる栄養素です。

食物酵素は、大変多くの種類があります。
不足した酵素は、食物酵素で補い体内酵素とのバランスをとる必要があります。

消化酵素が大量に必要な肉、魚などを食べると、他の食べ物を食べる力(消化する力)が落ちます。
消化酵素が必要=消化しにくいということで、加工食品や加熱した肉や魚がこれにあたります。

上手く消化ができないと、せっかく食べた食べ物をエネルギーに変換することができません。
すなわち、腸内で消化不良として蓄積したりして、悪玉菌などを発生する原因になります。

あまりにも消化酵素の不足が続くと、内臓や脳に十分なエネルギーが届かなくなり、体調不良を起こしやすい体質となってしまいます。
そうならないように、活躍しているのが食物酵素です。

生のフレッシュな野菜や果物、生魚や納豆などの発酵食品には多くの食物酵素が含まれます。
この食物酵素で、不足しがちな消化酵素をサポートして、体内で浪費してしまう酵素を防ぎますので、しっかりと摂取する必要があります。

栄養素として、酵素はまだまだ解からない点が多いのですが、その働きが解明されるにつれて健康に欠かせない存在であるとの認識がされるようになってきました。

酵素の種類と働きの関係

先に述べたように、消化酵素が代表ではありますが、代謝酵素と二分するように、体内酵素として人間の中で働いています。
消化酵素は、食べ物の栄養をしっかりと消化・吸収して、人間が必要なエネルギーに変える役割を担っているのです。

消化酵素では、アミラーゼというすい臓に存在する酵素が代表的です。
ご飯やパンなどの主食となるものを摂取した時に摂取される炭水化物が、ブドウ糖などのエネルギーに分解されます。

また代謝酵素は、分解されたエネルギーをしっかりと体内で取り込むために、必要な働きをおこなっています。
代謝酵素は、消化酵素とのそうした連携により吸収した栄養素を利用することができます。

細胞を古いものから新しいものへと変換するように”新陳代謝”を高めるなどの働きをおこなったり、身体に不必要になった毒素を尿として排出したり、ウイルスからの免疫力を付けることで様々な病気から体を守ります。
代謝酵素では、CYPという肝臓に存在する酵素が代表的です。

アルコールを摂取するなどお酒を飲んだ際に、分解する働きから解毒がおこなわれます。
このような肝臓だけでなく、全身のあらゆるところで多くの代謝酵素が働いているのです。

毎日の何気なく食べている食生活で、酵素の状態が変わります。
酵素は、人間の体の中で毎日のように生産されています。

酵素の生産量に関していえば、人によりほとんど決まっています。
今日は消化酵素がたくさん消費する唐揚げだから、消化酵素を多く生産しようということができないのです。

唐揚げに限らずに大量に消化酵素を消費する場合があります。
ある程度、消化が難しいもの(あまり多く食べられないもの)がある場合は、食物酵素をしっかりと摂って消化を補うような献立作りがオススメです。

消化酵素を上手く蓄えることができれば、エネルギーを体内に吸収する代謝酵素として使うことができます。
代謝酵素のおこなう免疫力を維持したり、毒素を排出するなどの活動がスムーズにいくと、疲れがとれて元気になったり、体調が良くなります。

風邪が治らないなどの体調がすぐれない場合は、食生活の中で酵素が不足しがちになっている場合があります。
そんな状態を防ぐのは、まず食べ物から食物酵素を摂取する必要があります。

消化酵素の減少を防ぐには、野菜や果物を摂取すると食物酵素となります。


酵素が存在するには、ある条件が必要です。
ご存知のように人間の体内は37〜38℃ですから、もっとも酵素が存在しやすい環境です。

酵素の特性から、体温が高めのときによく働くということが言えます。
しかし、酵素の活動は50℃程になると逆に停止します。

再び冷やしても無駄なのです。
もう酵素は加熱した時点で死んでしまっているからです。

酵素のタンパク質からできていることから、加熱すると変化するわけです。
このことから、煮物や焼き物などの加熱調理をした食べ物には、一切酵素が含まれないことがわかります。

食べ物から酵素を摂取するには、生で野菜と果物を食べましょう。
サラダや納豆や粕漬けなどの発酵食品がオススメです。

炭酸割りの酵素ドリンクなどが大変な人気ですが、当然お湯割りや熱いお茶割と一緒に飲むのはNGと言えるでしょう。
せめて体温と一緒なほどのぬるいものでいただく必要があります。


近年では、外食産業が大きな割合を占めています。
忙しいから今日はコンビニいいや!晩御飯はファミレスなど、ごく当たり前に現代人の生活は簡単に済まされています。

この食生活が長く続くことで、体質がドンドン悪循環になってしまうのです。
食べ過ぎになりやすい欧米食文化は、どうしても消化に負担がかかるので、食物酵素を摂取するなどの工夫が必要です。

特に肉や魚の食べすぎには注意が必要ですし、タンパク質を消化するには消化酵素が大量に必要となってきます。
気を付けなければいけないのは、消化酵素が減ってしまうと代謝酵素に使う分が残っていないということになります。

よく普通に食生活で摂っている砂糖なども消化の負担が大きな食べ物です。
消化不良は、悪玉菌や活性酸素の原因になりかねないわけです。

酵素で身体を元気にするなら、食事の量として食べ過ぎに注意することです。
その上で、豊富に酵素を含む野菜や酵素を摂ることを欠かさないことが必要です。

毎日、酵素を含む食事を続けることは難しいですが、少しづつしっかりと摂り入れていきたいですね。

このサイトでは、酵素ダイエットに関する方法や効果などを詳しくご紹介することで、ダイエットに悩む様々な方のお役に立てることができれば嬉しく思います。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 

かんたんダイエット 酵素は美容と健康の要です。








Copyright (C) 酵素ダイエット効果 All rights reserved 利用規約運営企業美容・健康サイト集